鴨川和棉農園
 


























現代農業増刊「21世紀は江戸時代」(農文協)に、
鴨川和棉農園・和棉のタネを守るネットワークの活動が紹介されました。




 

       























21世紀は江戸時代

























現代農業増刊(2003年8月)「21世紀は江戸時代 開府400年 まち・むら・自然の統合」( 農文協 )に、鴨川和棉農園・和棉のタネを守るネットワークの活動が紹介されました。「江戸時代は100%自給の日本のワタ 和棉の種と手紡ぎの技を現代に生かす 鴨川和棉農園・和棉の種を守るネットワーク」という12ページにおよぶ読み応えのある記事になっています



 


























gooスローライフ に鴨川和棉農園の活動が紹介されました。  








 



          →「日本のスローウェア・和棉」  



 



                     











「染織α」12月号に「衣の自給を目指して -和棉を広げるネットワーク活動」が掲載されました。



































染織α  





















   月刊「染織α」12月号に「衣の自給を目指して - 和棉を広げるネットワーク活動」が掲載されています。和棉をめぐる現状から和棉のタネを守るネットワークの活動までが、4ページにわたって掲載されています。





 





















           


















信濃毎日新聞(8/21)に、鴨川和棉農園/和棉のタネを守るネットワークの取り組みが掲載されました。





























信濃毎日新聞













「地綿」次の世代へ紡ぐ「豊かな生活」















 国内各地で栽培されてきた在来のいわゆる「地綿(じわた)」を保存する活動が始まっている。かつては県内など全国でその土地に合った綿が栽培され、服や布団などに利用されてきたが、安い外国産に押され、「国内自給率はゼロといっていい」(日本綿業振興会)状態。綿農家もほとんどいなくなリ、種も消えようとしているという。地綿を育て、糸を紡ぐことで暮らしを見つめ直そうという活動が注目されてきている。
 五十・ほどに高さを整えられた綿の木に、黄色い花びらを重ねた花が咲いていた。畝に立てられた札を見ると「信州棉(わた)」とある。千葉県鴨川市の鴨川和棉農園には、ほかに「紫蘇(しそ)棉」「甲州地棉」など、計十六種類が植えられていた。「『信州』は見た目は他種と大きく変わらないが、やはリ信州の地に合っているのでしょう。繊維は少し長め。主に自家用として利用されてきたのではないか」と主人の田畑健さん(五一)が説明してくれた。
















































 県内でも昭和三十年代ころまで綿が栽培されていた記録がある。飯田市に住む七十代の女性は「子どものころ畑に何本か綿の木があったのを覚えています。このへんではそれを布団や服など自分の家用に使っていたようです」と懐かしむ。
 田畑さんによると、戦前には国内で二百種以上あったが次々と姿を消し、現存を確認できたのは四十種ほど。綿生産は国の生産統計の項目にさえないという。「信州」については、今も栽培している人は見つからず、その晶種名でジーンバンクに登録している農業生物資源研究所から種を取リ寄せた。
 在来の綿は虫がつきにくく、無農薬での栽培が容易。繊維が短いために糸は太めになリ、「服にしたときに湿気を吸いやすいなど、日本の気候に合った綿」だという。田畑さんが中心となって一昨年に立ち上げた「和棉のタネを守るネツトワーク」は、その土地の名前が付けられるなど、生活に密着していた綿を在来種とみなし、各地で栽培されていた綿の種を探して保存する活動をしている。全国に散らばるメンバーがそれぞれ栽培地域の近い種類を栽培。農園では毎月、糸紡ぎなどのワークショツプも開いておリ、女性らの参加が増えてきているという。
 田畑さんは二十年ほど前、「人間的な生活とは何かを考えるには、衣食住の衣にも関心を持たないといけない」と綿の栽培を開始。日本の伝統的な綿打ちなどの道具の中には使い方が伝わっていないものもあリ、がく然としたという。綿花栽培の盛んなインドにたびたび渡リ、自給的な暮らしを説いたガンジーの思想を伝え、自給自足の技術を研究しているアシュラム(道場)で技術を習得した。
 田畑さんは「日本にある資源を使わず、綿が滅びたリ、山が荒れるなどしている。これは豊かさと言えるのだろうか。綿の自給は今や難しいが、自給してきた文化や種を全て失ってしまってはいけない」と保存の意義を強調。栽培してくれる人や、種の提供を呼びかけている。ネットワークヘの間い合わせは同農園(電話0470・92・9319)へ




















































































「自然の暮らしがわかる本」(新田穂高・城ノ内まつ子・著/山と渓谷社)に
鴨川和棉農園のワークショップが掲載されました。























 新田穂高・城ノ内まつ子・著「自然の暮らしがわかる本」(山と渓谷社 )に6ページにわたって、鴨川和棉農園のワークショップ、ワタの栽培から糸紡ぎまでの方法が掲載されました。綿以外にも、「種を採る」「油を搾る」「ヤギ」「ソバと雑穀」「堆肥」「自然エネルギー」など自然の暮らしがよくわかる絶好のガイドブックになっています




































































































































鴨川和棉農園の自然有精卵が 女性誌Grazia 7月号 知る人ぞ知る、達人がリピートしてる・・・
「噂の美味」お取り寄せ帳 に紹介されました。































Grazia

















鴨川和棉農園 自然有精卵
おいしい卵を求めて親鶏の健康管理から徹底


「健康な鶏だからいい卵が生まれる」その理念のもと、鶏は自由に動き回れる平飼い方式を行う。エサは野草や無農薬野菜を中心とした自家配合飼料ほか、自然界の有用菌で腐食した木くずを与え、腸を丈夫に育てている。厚みがあり濃い黄身の卵は、鮮度維持力が強い有精卵。6個入り¥250


































鴨川和棉農園の自然有精卵はこちらをご覧下さい

















































































和棉のタネを守るネットワークが日本農業新聞( 2002年4月14日)に掲載されました。































日本農業新聞

"種守り人"になって 交流誌を創刊運動盛り上げ 農家の全国ネット

 和棉(日本綿)の"種守り人"になって---。農家三十六人でつくる「和棉のタネを守るネットワーク」が、各地で守り継がれてきた在来種の情報を載せた交流誌を創刊した。在来種の特性や栽培条件を紹介。日本綿の保護運動を各地に芽吹かせようと、手に入る種のリストも載せ、広く栽培を呼びかけている。かつて二百種以上もあったといわれている日本綿は、輸入綿の急増に伴って姿を消しつつある。
公式に農水省のジーンバンクに保存されているのは、二十一品種しかない。このため、干葉県鴨川市で日本綿を無農薬栽培してきた田畑健さん(五〇)が中心となって、昨年四月に同ネットを結成し、保護運動に乗り出した。
 同ネットは、全国各地から四十種を超す地方品種の種を集めた。会員が北海道から沖縄まで散らばっているため、似た条件を持つ地域の会員に種を送り、試験栽培してもらった。品種特性を比較するため、すべての品種を同じ条件で育て、それぞれに向く気候、環境も調べたという。この一年の活動成果をまとめたのが、交流誌「わわたネット21」だ。
 冊子には会員の自己紹介をはじめ、各自の栽培した品種、種まきから収穫までの時期、収量が書き込まれている。同ネットが集めた日本綿に関する文献や、これまでに分かった綿繊維の品種別強度の測定データも掲載。栽培してみたい人が種を入手しやすいように、配布できる会員の連絡先と品種名をリストで紹介している。
 同ネット事務局を務める田畑さんは「コットンブームだが、注目されるのは豪州や米国産ばかり。日本綿は見向きもされず、貴重な種が絶えてしまいかねない状況だ。絶滅の危機にある日本綿を守るためにも、まずは種を育てて増やす仲間の輸を広げることが重要だ」と、多くの農家に協力を呼びかけている。
 交流誌は会員だけでなく、一般にも販売している。価格は千円(送料込み)。間い合わせは、田畑さんが代表を務める鴨川和棉農園、電0470(92) 9319。













































トップページ/ ガンジーとチャルカ(糸車)の思想/日本の気候・風土に適した日本のワタ・和棉/
ワタを育てて服にするまでのワークショップ/日本和綿協会(旧和棉のタネを守るネットワーク)/取扱商品/リンク




































鴨川和棉農園 / 和棉のタネを守るネットワーク事務局
wamen-nouen@nifty.com 〒299-2856 千葉県鴨川市西317-1

          (c)鴨川和棉農園 All Rights Reserved
         当サイト内の写真・文章の無断転載・複写を禁ず
 






























ホーム ニュース メール