鴨川和棉農園









  個人(複数人)ワークショップについて(new!)  
  内容は、参加者の知りたい事に絞って、相談の上決めます。日時は土日平日でも可。日帰り1日でも1泊2日でも良いので随時相談の上決めます。料金は以下の通りです。
 参加者1人の場合 1人1日 30000円
     2人の場合 1人1日 23000円
     3人の場合 1人1日 18000円
     4人の場合 1人1日 15000円
    

※1泊2日はこの料金の2倍になります。
※高機は定員3名です。高機の2泊3日の料金はご相談ください。
※宿泊は、機織り棟です。
※内容は、例えば
・ワタの栽培を主に
・糸紡ぎだけ
・糸紡ぎと簡単なハタ織りを少し体験、
・とにかく日本のワタのことを知りたい
 など、なんでも構いません。ご相談に応じます。


個人ワークショップ感想

new!(2013/2月より)
○このワークショップでは色々とお世話になりました。
紡ぎ方を一からご丁寧にご指導していただいた上に、
お昼や差し入れまでご馳走になり、楽しくてあっという間の一日でした。
ありがとうございました。
糸を紡ぐのにさまざまな道具があり、実際に見ることができたのもよかったです。
紡ぎ方の原理はシンプルに見えますが、篠から糸になる瞬間を目の当たりにすると不思議でした。
糸が太くなったり細くなったりしながらも集中してチャルカを回すこの時間は、
これまでの生活にはない心地よさがありました。
チャルカの動く音が手に響き、片方の手では棉が踊っているかのようで・・・。
これからも、棉を打って糸ができるまでの一通りができることを目標にしています。次のステップへ歩めるように。
貴重なワークショップの機会を作っていただいたことに改めて感謝いたします。
誠にありがとうございました。(静岡県・女性)

○田畑家のみなさま、1泊2日糸紡ぎ極めコースワークショップありがとうございました。
いやー楽しかったです。田畑さんが、男性の脳回路にも届くように理論立てて説明してくださるので
棉栽培→糸紡ぎ→機織り→服作りまでを一貫してイメージすることができました。
私は手先が不器用で物創りが苦手と思い込んでいたのですが、眠っていたDNAが刺激されてしまったようで、はまってしまいそうです。今回は糸紡ぎまでですが、引き続きの学びが楽しみです。今日から早速チャルカします(笑)
そして、一度福島で挫折していた自給の暮らし、健さんの実体験と情熱的なお話で
また夢にむかって具体的に動き出してみようと思えました。これまた大きい出来事でした。
ありがとうございました。
出会いに感謝します、今後ともよろしくお願いします。(千葉県・男性)


○このたびは、長時間に渡り、私達家族のために貴重なお時間を割いていただき本当にありがとうございました。(中略)3歳の娘との生活の中で、ワークショップに参加するのはまだ早いかとも思いましたが、皆様の温かいご協力のお陰で無事に作品が完成し、嬉しい気持ちでいっぱいです。本当にかなりの初心者の私に、いきなり高機を勧めていただき、自分で紡いで持っていった糸のみで全てを織ってしまうという神業?!を、田畑さんがこれまで並々ならぬご苦労を重ねて確立されたことを肌で感じ、とにかく感動しました!大感謝です!!!
和棉の種を一緒に蒔いた仲間と共に、棉の収穫後の工程を、これからゆっくりシェアしていきたいと思います。(静岡県・女性)

○昨日は大変お世話になりましてありがとうございました。
コットンについて、とてもわかりやすくご説明頂き、また様々な疑問に関しても
アドバイスを頂けて、本当に充実した一日となりました。
ラオスのプロジェクトについては、まだまだこれからのことではありますが
酵素の件など、結果がわかりましたらご報告させて頂きます。
また今後も何かとご相談させて頂くこともあるかと思いますが、
その際にはどうぞよろしくお願いします、教授!(東京都・女性)

 
                 
                 
                 
                 
                 










トップページ/ガンジーとチャルカ(糸車)の思想/日本の気候・風土に適した日本のワタ・和棉/
ワタを育てて服にするまでのワークショップ/日本和綿協会(旧和棉のタネを守るネットワーク)/取扱商品/リンク













鴨川和棉農園 / 和棉のタネを守るネットワーク事務局
wamen-nouen@nifty.com 〒299-2856 千葉県鴨川市西317-1

            (c)鴨川和棉農園 All Rights Reserved
         当サイト内の写真・文章の無断転載・複写を禁ず
 










ホーム ニュース メール